パニック発作

今日は健康診断(検査後追記しました)

自治体の集団検診に行ってきます

普段なら何ともないんだろうけど
バリウムあたりに不安が残る

朝から揉め事で、震えが止まらないし、、、、

最低なスタート

だけど、最高のゴールを決めてやる

そういえば、怒りや恐怖といった強い感情を持つ時に
震えがすごく出るなぁっと今気づいた

心が弱くなってるのか
年老いたのか

ま、心の優しい人程震えたりするらしいので
良しとしておきましょう

本当に怒った時って震えすら出ない

減薬中や断薬中の夫婦関係家族関係は
毒にも薬にもなりますね

正直、毒もいらないから薬もいらないけど(爆

検査後

いやぁ無事に終わりましたw

やっぱり胃の透視の際がMAXで動悸が(;´Д`)
バリウムを飲んだ段階でめまいも動悸もマッハでした

しかもカメラがグルグル回ってて車両が揺れるので
余計に目が回りました、、、

結果、無事に帰還!

バリウムも支給された下剤を飲んで
ボフゥ~~っと発射しました

白い○○○ 再びですw

これが心配だったんですよねぇ
そして思ったよりお腹は膨れず
不快感も無く全然何とも無かった、、、というのが感想でした

とは言え、めまいがヒドイ時は無理だったと思います

動悸もめまいも、意識がしっかりしていれば
何とか乗り切れるもんですね

ここ数日、不調はありますが
なんか1段階進んだ気がします

何が?って言われるとピンときませんが
とにかく進んだように感じます

そして今日はせっかくなので
隔日の日をすっ飛ばして飲んでません

このまま中2日を隔日するようにします
大きな症状は、もう無いと思っています
あっても、乗り越える自信があるのでこのままいきます

低気圧も乗り切ったし、年末の準備とか忙しいな~

POSTED COMMENT

  1. オードリー より:

    私も3か月ほど前に断薬しました。
    しかしながら、色々と問題山積みです。
    今までの人生で、クスリでごまかしてきた物があらわになるのですよね。
    クスリは臭いものにフタをしてしまいます。
    その時その時に随時素の自分で勝負しなければいけなかった場面でそれをごまかしてしまった。
    何年も後で、厳しいしっぺがえしがきます。
    今、私もクスリのんで我慢してしまった人生のとある事で激しく後悔しています。
    家庭が崩壊するかもしれません。
    人生は一度きりです。
    随時後悔しないように心残りの無いように生きなきゃいけなかったですね。
    カウンセリングを受けなきゃいけなさそうです。

    • ふみさん より:

      オードリーさん

      コメントありがとうございます

      断薬なされたんですね
      私も断薬がゴールでは無いと思います

      それまで気付かなった事や、抱えていた問題等が
      ドっと出てきますよね

      個人的な意見ですが
      薬そのものは必要な時に飲むものであると思います
      例えば、仕事やプライベート含めて多忙な時や
      大切な時期であれば、服用する事は決して悪い事では無いと思います

      私は仕事や友人を既に失っています
      最後の砦である妻とも決して仲が良いとはいえず
      最終手段である実母に事情を説明して
      この歳で体調の事等で迷惑を掛けているバカ息子になっております

      よく言われているのは
      減薬・断薬中は正しい判断ができない事が多々あり
      人生を決定するような重要な判断は回避するのがいいという話をよく聞きます

      離脱症状にいろいろあるように、
      服薬、減薬、断薬中それぞれの段階で、家庭の事情や生活環境に
      とても影響を受けると思いますが
      自分自身は、薬を飲んできた8年近くの歳月を後悔はしていません
      もちろん、減薬中の今もきついこともありますが
      今までのことよりもこれからのことをしっかりと考え、
      充実したものにすることで過去の問題やトラブル、人間関係なども
      少しずつ改善・回復していくことを意識しています
      とはいえ、減薬中の不安感があるときには、こんな考えはできません(苦笑

      私も過去に、ここには書けない程のトラブルもありましたし
      人生が終わるような出来事もありました
      その都度、後悔の念のようなものはありましたが
      それを引きずって、「あの時ああしていれば、、、」といった取り返しようの無い事を思うよりも
      「あの時失敗した、、、後悔したくないから、これからはこうしよう」と
      1つ1つのトラブルや問題を乗り越える方法を探しています

      カウンセリングもそうですが
      今はできる限りの最善をつくし無理の無い程度で頑張ってください

      いつも思う事があるのですが
      減薬も断薬も、いずれも理解のある仲間の存在が大きいと思います
      周囲に同じ病気で精神薬を飲んでる人も少なくありませんが
      やはり、家族やパートナーとの理解程
      心強いものは無いと思います

      今はご自身の体を大切に色々と取り組まれてください
      健康になれば、今までの問題やトラブルを修復する事も可能ですからね

      私も断薬後に、お世話になった方々へ自分の闘病中の事すべてを話して
      迷惑を掛けた事への謝罪やお礼を兼ねて、自分の気持ちの整理をつけたいと思っています

      まずは冷静な時に、自分としっかり向き合って
      焦らずに長い目で毎日を過ごされてください
      1週間後も1ヶ月後もオードリーさんが同じ気持ちなのかどうか
      ここにコメントした時と同じ心情かどうか

      確認しながら自分と対話していくのも
      減薬断薬の最終的なゴールだと私は思っています

      コメントありがとうございました

      私の理解力が無かったら申し訳ございません

      管理人:ふみ

  2. オードリー より:

    御返事いただき、ありがとうございました。
    減薬中から出ていた同じ問題です。
    人生の中で取り返しのつかない事ってあります。
    もうどうあがいても無理な事でした。
    そのことが起こっている最中は悩み過ぎて不眠症となり、離婚すればよかったのですが、我慢してその後うつ病?となってしまいました。
    大変にお恥ずかしい話ですが、投薬中もその問題で、自殺未遂を3回ほどしております。
    根深い問題なのです。
    (問題は配偶者に有ったのです。)

    しかしながら、心を込めて書かれたお返事を読み返すにつけて、ありがたくて感謝の念が堪えません。

    断薬後2年経っても、私の心の中でその問題が大きければ、離婚にしようと思っています。

    ふみさんの仰います通り、死ぬこと以外は全て物事は、かすり傷ですものね。

    勇気が出るブログ、ありがとうございます。

    • ふみさん より:

      オードリーさんへ

      大変なご苦労をされてるようですね
      身近な家族との問題は健常者でも辛いものですから
      心が不安定な時は私も胸をえぐられるような感情になってしまいます

      色々な諸事情があって相談も出来ず
      ご自身のお体の状態と本当に大変な時間を過ごされたと思いますが
      心の健康も身体の健康も相互作用があると思います
      つまり、心が潤っていれば身体も健康になりますし
      身体が健康であれば、心も潤って行きます

      「病は気から」というのはこの事だと私なりに理解しています
      気のせいとか、思い込み という人もいますが
      そうでは無く、気持ちがリラックスしたり余裕がある状態であれば
      病も治りますし、気持ちに余裕が無くギスギスしている時は
      身体と同時に心も休める必要があるのだと思っています

      ”人生何があるかは分からない”

      これはどちらの意味でも言える言葉で
      例えば、心が弱っていたり余裕が無い時は
      「もしかして大きな病気になったらどうしよう」
      「事故に巻き込まれたらどうしよう」といった風に
      この言葉は「不安」に取れてしまいます

      逆に、楽しい時間や心がスッキリしている時にこの言葉を見ると
      「どんな素敵な将来が待っているんだろう?」
      「老後はゆっくり何をしよう~」
      といった風に「希望」を与えてくれます

      つまり、その時の感情というのは
      同じ”モノ”を見ても、+にもーにも受け止めてしまうので
      ついつい、悪い方へ感じてしまう時は
      私は気分転換を必ずするようにしています
      とは言え中々難しいですけどね

      先程のコメントで1週間後、1ヶ月後と書いたのは
      そういう意味もあったのですが
      今現在のオードリーさんの心の状態はいつまでも続く事は少ないんではないか?と思います

      もちろん目の前の状況に
      不安や不満、ただならぬストレスを受けてしまうでしょうけど
      私自身も減薬を開始した数ヶ月前の心と今とでは
      全然違います
      特に今朝は妻とケンカをして、尋常では無いくらい震えました(汗

      数ヶ月前は、このままおかしくなってしまうんじゃないか?
      と何度も悲観し、不安になり家族や友人に不安感をぶちまけて
      本当に情緒不安定な状態が続いていました

      が、自分のブログや手帳の日記を見ていくと
      自分の変化に気づくんです
      ※私は日記等続かない人でしたし、何をやっても3日坊主な性格でした
       でも減薬で苦しんでいる状況が私に「習慣」というスイッチを入れてくれました
       毎日の離脱症状を逃れたくて「習慣」が生まれた という良い事実もあるのです

      オードリーさんの諸事情を私は全て理解する事はできませんが
      これだけは明言しておきたいと思います

      『地獄極楽この世に有り』

      ツラい事も楽しい事も、生きているから感じれる事で
      ツラい事が続くのが人生っていうのは本当にたまらない事ですが
      その中に、キラっと輝く瞬間の小さな幸せのようなモノを見つけるのが
      人生の醍醐味だと、私は思っています

      生きていれば60歳で、、、もしくは70歳で
      人生で最高の幸せがやってくるかもしれませんからね

      私はどうせ死ぬなら寿命で死にたいです
      それが50歳でも60歳でもいいんです

      寿命を迎えれば「寿」が待っていますから^^

      私自身は、パートナーと別れる自由よりも
      一緒に暮らす不自由を、今のトコ選択していますが
      将来どうなるやも分かりません

      ただ今は自分がなるべく健康で
      子供達の成長を眺めることが出来る今の生活を守って行きたいです

      死ぬこと以外はかすり傷
      どんな生き方しても命まで取られる事はそうにありません

      世の中怨恨や、お金の事で人を殺したりというニュースが絶えませんが
      少々、わがままに生きたとしても、殺される事も死ぬ事も無いと思います

      まずはオードリーさんが、少しでも心に安らぎが訪れる事を
      願っております
      なんか偉そうなコメントで申し訳ありませんが
      今はただただ穏やかに過ごせるように、色々と試行錯誤してみてください

      この私のブログで、少しばかりの勇気でも感じて頂けたのなら
      私は幸せ者です^^ ありがとうございます
      これからもブログを書き続ける勇気をオードリーさんから頂戴しました!

      寒い日が続きますので
      風邪等にも十分気をつけて、2015年を迎える準備をしましょう
      そしてひとまずは、十分ご自愛をなさってください
      ご自分がまずご自分を大切にしてください

      コメントの返信に感謝です!

      管理人:ふみ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です