パニック発作

安定という安息から

前回の強引な断薬から2週間ちょっとが経過
あの時に「離脱症状」という言葉さへ知っていれば
うまく脱出できたのかもしれないけど
これも成長か(笑

ちょっとしたことでイラっとくる私

しかしそれを客観的に分析しても
やっぱり社会的にイラっとして当然な話で
人間のコミュニケーション不足という病気が
心身症のようなしょーもない病気を誘導してるのだと痛感

簡単に言うと嫁との会話でも
俺「どうして何も返事しないの?」
嫁「え?したよ(聞こえてないのはそっちでしょ)」

俺「あぁそうなんだ(聞こえてねーよボケ)」
嫁「・・・・(あぁ~うぜー)」
俺「ごめん(コニュ取ったつもりがどうしてこうなるんだよ)」

こんな日常が当たり前にある
私は思う、相手が聞こえるように言えば何もない会話なのである
俺の聴力障害とでも言いたいのか?と俺は訴えたい

こういうすれ違いの積み重ねで人間は傷ついていく

そういう人が多いんじゃない?パニックやうつの人って
繊細というか気にするっていうかね
それって個性なのにどうしてか弱い人間や細かい人間といったレッテルを貼られる
むしろそれがスタンダードだと心が温まる事が多いのにな

109/77 bp78

飛行機という大きな病気

ここ数週間、ベンゾ系の離脱に関する体験談やブログを山程みた。
そりゃビックリするほどユートピアなくらい見た。
勇気づけられたものや地獄に引っ張り込まれそうなもの色々あった。

断薬失敗からの再服用の期間だったからってのもあったかな
失敗した当日の夜にアシュトンマニュアルはホント発狂しそうな恐怖だった
ちょっと考えて訳せよって(笑

ま、それで真実や事実を知ることにもなったし
アシュトンマニュアルそのもの全てが正しいとは思わないし
1つの目安や参考データというものにすぎない

ここ数日、飛行機が苦手な人のブログやなんとか知恵袋を良く見る

そう、、、

私は飛行機が苦手

もうねなんだろうね落ちるとか、事故とかじゃないんだよね
閉鎖感というか空飛ぶ棺桶というかね
全然平気とか言ってる連中も絶対ガクンっって揺れたらビビるくせに
「いやぁ~別になんともないねぇ~」つってんだよな
(じゃないの?汗)

一番は飛行機で発作起きたらどうしよう、、、って事なんだけど
それって誰でもフラットに持ち合わせてるリスクなんだよね
昨日まで健康バリバリの人が飛行機乗って急に心臓発作なんていうのもあるわけだし

つまり、乗って発作が起きてもいいように
自分がどういう病気でどういう薬を服用していてっていう情報を
しっかり伝えれる「命札」を持ち歩こうと思う

実際発作が起きてフラフラなってるような時でも
動悸以外は誰がみても心臓病や今なら脱水症を疑うはず
そうじゃないっていうアピールがスムーズに出来る事で
リスクマネージしなくちゃ

飛行機克服できたら大きいでぇ
ジャンボだけにね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です