パニック発作

断薬断念残念無念

え~っと結論から言うと断薬を断念します(笑

ここ数日、断薬間近のようなことを言っておりましたが、
ひとまず断薬延期です

話すと長くなるんですが
私なりの得意の持論展開でご理解頂ければと思います

ま、結果オーライを期待してるのですけど

しばらくは「1/8」で押し通すようにしました

では、その経緯を今日は記事にしましょうかね
なぜ断薬トライを延期したのか

医学界にメスを入れる私の妄想持論スタート
(でも合ってると思うんだよねぇ)

断薬を断念した理由

まず、今日断薬スタートせずに薬を飲んだ理由ですが
単純に「体調不良」です

1ヶ月以上続く冷えが今朝はかなりヤバかったと思います
そして、それに伴って吐き気が襲ってきました
起床から2時間くらい猛威を振るいました

ちなみに、呼吸法や頓服はしませんでした

では、私の持論をここで解説していきます

■薬の離脱症状?

まず、今私達が苦労しているのは
『薬の離脱症状』
という、薬剤による影響です

そして、盲点だった事が1つ

以前からずっと言ってきた
「自律神経」の乱れによる症状

これまでもこのブログの中で
離脱の症状っていわゆる「自律神経失調症」に似た症状
と言ってきましたが
似た症状ならそれでいいじゃん、、、っていう仮説を立てました

わかりやすく言うと
離脱症状というのは「風邪」という呼称と同じで、カゼには
・発熱
・ノドの痛み
・関節の痛み
・セキ

っていう諸症状がありますよね?

離脱症状にも、カゼと同じように様々な症状があります(割愛)

▶ではその原因は?
薬を減らす事による症状ですよね

▶では、薬を飲めば治まるのか?
答えはNOです

薬を飲んで治まる症状は
「ベンゾジアゼピン離脱症候群で出る症状」だけです
現に私は手足の冷えという症状が出てから薬を服用しましたが
冷えは一向に治まりませんでしたし、
先日から申し上げてるように「服用後の不調」があります

■離脱症状と別の症状?

さぁまとめましょうか

離脱症状(薬剤によるもの)で出る症状は、服用すればそれは必ず治まります
では治まらない症状はなにか?

別の症状って事で納得がいきます

つまり、自律神経失調症になっているのです
今まで私は、
離脱のときに出る自律神経失調症に似た症状を改善すれば、、、
と何度も言ってきました

現にベンゾジアゼピン離脱症候群と、自律神経失調症の症状はほぼ同じです
なのでわかりにくかったのです

間違っていました

私の朝必ず出る冷えや不調、日中出る冷えや不調は
自律神経の乱れによるものなのです
その自律神経をぶっ壊したのがベンゾジアゼピン系の薬剤

と考えればスムーズです

試してみた

今日私は実験しました

”食後に薬を飲むと不調がくる”

では、食後しばらく様子を見ようとね
(ちなみにこの時点でまだ薬は飲んでません)

食事中、、、

一時的に軽くなっていた冷えが再発し
吐き気も襲ってきました

押しこむように朝食を済ませて
自分の体調に目を向けました

頭はスッキリしています、いつも感じる
「1枚ヴェールがめくれたよう」です

ですが、手足の冷えはどんどん進行
身体の芯が冷えてカチカチな感じで吐き気と便通

排便で力む→少し冷え改善(これは人間の自然治癒力です)
※寒くて震えるのは温めようとする動作です

まだ薬を服用してないにもかかわらずです
つまり服用後に手足が冷えたりめまいが出たりするのを
離脱症状と混同してはNGで

食後は、胃腸に血液が集中するため
手足等の末端への血液が滞って冷えが増すのです

さらに実験を進めました

お腹をガンガンに温めました
「あずきのちから」でですw

するとどうでしょう、、、手の冷えが少し戻り
足は発汗するほどにポカポカ

それと同時に目の奥がだるくなり、頭がボーっとなる

これが本来のデフォルトの自分なのです

思い返せば
調子のいい時は、動悸や不安感が無く
頭が少しボーっとして、軽いめまいくらいでした

いつの間にか、もっといい状態を求めていましたが
動悸や不安感が無ければそれがGOODCONDITIONなのです

なのに、、、甘えていましたw

そして、食後1時間ちょっとして本日分の薬(1/8)を服用
10~20分程度で、頭のボーっと感が増して少しドキドキ感(動悸では無い)
具合が悪いなぁ~という感覚に陥る

が、少しキツい感じが増しただけで手足は冷えません
それどころか、目が少しシャキっとしてきました
そこでウォーキングです

帰宅後は全身がポカポカしてボ~っと感が出て
眠たい、、、となって今この記事を書いています

試してみてわかったこと

これはあくまでも私が感じている事なのですが

手足の冷えが無い人もいると思います
それは自律神経が強い人です

でも、私はいろんな諸症状がでている
=自律神経が強くない(可能性が高い)

ここで、この記事の最初に書いた

「どうして断薬するのを延期したのか?」につながりますが、

今は自律神経の回復を促すのが先という事に判断が至り
服用継続をする事にしました

分かりにくいかもしれませんが、簡単に言うと、動悸や不安感、身体的な不調は
「ベンゾジアゼピン離脱症候群」

その他の、手足の冷えや朝晩に定期的に出る症状は
交感神経と副交感神経のバランス不良による症状
すなわち「自律神経失調症」です

20100409-1_2

色んな人のブログを見ると分かりますが
自律神経失調症のような症状が出ない人は出ないんです

ハッキリとした離脱症状、たとえば
パニック発作や動悸、精神的不調全般、肩のコリや筋肉のこわばり、
このような症状しか出ない人はベンゾジアゼピン離脱症候群
いわゆる離脱症状のみの人です

離脱症状と自律神経失調症

では最後にこの仮説を裏付ける数ある理由の中で1つ
説得力のあるものを言いましょう

女性

です

女性はベンゾジアゼピン離脱症候群が酷く出ると言われています
生理前や生理中はもちろん、更年期等と合わせて
減薬や断薬のハードルが高いと一般的に言われています

現にブログ等でも苦労されてる方の殆どが女性です

これは、血流による影響がかなり大きいからです
女性は自律神経失調症に比較的なりやすいと言われていますし
メンタル的な疾患全般的もそうですね

つまり女性のほうが自律神経がモロいんです

そして、女性の方で減薬中や断薬中に出ている症状は
頭痛、冷え、ひどいめまい等が多く、
実は、パニック発作や動悸などの、
いわゆるベンゾジアゼピン離脱症候群の症状で苦しんでるというより
別の肉体的症状で苦しんでる人が多いのです

メイラックスやデパスの症例しかないですが
減薬中に薬を飲んで治まるのは不安感や耳鳴り等の症状(離脱症状)で、
手足の冷え等は治まらない人ばっかりでした

まぁあくまでもブログや知恵袋や掲示板等の情報をかき集めただけですので、、、

ちょっと乱暴なまとめ方ですが
おそらくこの持論はかなりの精度で当たっていると理解しています

ですので、、、

大量に余っている、イノシトールとコリンの摂取を開始しますw

自律神経にはコレでしょw

もう、薬飲んで不調ならサプリくらい何ともないです
そして1つの目安として今から手足の冷えの経過を見ながら断薬したいと考えています

どういう事かと言うと、今はレスタス1/8を飲んでいますが
おそらくめまいや目の違和感(ボケみたな)のような離脱症状は軽いです
不安感や耳鳴り、ヒステリー球もなければ、ムズムズもほぼありません
となると、手足の冷えだけなのですよ

だとしたら、1/8でこのまま継続して手足の冷えが消えたら断薬

これでいいんじゃないでしょうか?

自律神経失調症の改善の目安が、この冷えが消える事だと思っています

自律神経バランスは、3ヶ月~6ヶ月が改善の区切りと
一般的に言われているのを知っていたのですが、
そうなると、私の冷えは9/7~続いてる症状なのですでに約2ヶ月続いてます

そろそろ自律神経バランスを戻したいとこなので、
強引ですが自律神経に良いと言われているサプリを使います

季節の変わり目なので自律神経がダメージ受けやすいっちゃぁ受けやすいですし
とにかく自律神経に良い生活を心がけます

おそらく薬による離脱症状は
たまぁ~にくる不安感と、慢性化したボーっと感と目のピントボケ

これくらいです

つまり、今はカナリ好調な経過だと言えます
自律神経バランスが戻ったら、断薬すっぞ!

すいません、雑な解説ですが
自分用の覚書みたいなトコもあるのでw

でも私が本を執筆するなら
確実にこの持論を展開します

逆に医療界もこれは否定できないでしょうしw

背中にカイロ貼って早速自律神経ケアだわ

色々良い兆候があるのに、冷えのせいで不調だと
せっかく改善していることに対しても盲目になっちゃいますね

8月頃の減薬日記見てると
「これは俺じゃねーw」
って笑いますもん、、、恥ずかしい、、、

良くなってるのに、それに気づけないんですよね

このブログを見にきてる人も絶対そうなんです

不安で不安でしょうがないんでしょうけど
大丈夫です必ず良くなります
でもそれは今日や明日じゃありません

受験生だって1年も2年も準備して本番に挑むものです
将来を決める、減薬や断薬

時間が掛かっても断薬という試験に合格しましょう!
そしてそれは時間を掛ければ可能なのですから

シャブやってたノリPだって復帰してますからね
あんなのに負けてられんばい

大丈夫だPv(´∀`*v)

すいませんふざけました

皆様も良い週末を~

追記
手足の冷えさへ引けば、日中の症状はかなりいいですよ
つまり、減薬そのものはかなりうまく行ってます
手足の冷えを入れると最悪ですけど、これは減薬や断薬とはさほど関係ない症状でしょう

今の悩みは離脱症状っていうか自律神経失調症ですね
わかりにくいかなぁ~ 離脱症状ってド~ンってくるじゃないですかいきなり
自律神経失調症はズルズル1日ある感じですよ
ヒステリー球やムズムズや動悸って変なスイッチで出るけど

手足の冷えや軽い不安って朝と夕方
つまり自律神経の動きがあるときに起きる不調です

なんかしつこくてスイマセンw

POSTED COMMENT

  1. ひろ より:

    こんにちは~~

    最近は辛そうですね>< 理論だけじゃなくご自分の体と相談しながらやってくださいね・・

    確かにおっしゃる通り離脱症状にはベンゾ飲んだら良化するものと変わらないものがあるのは確かですね、私は症状が息苦しさやムズムズ感がほとんど(このところ動悸は無いです)薬の離脱症状がほとんど見たいです、メイの服用期間が昨年の6月からなのでそこまで自律神経に影響を及ぼしてないのかもです。

    ご存じかもしれませんが「もなかのさいちゅう」というサイトで現役の精神科医の方がベンゾの減薬などついて質問に丁寧に答えておられます(今日現在も)よかったら聞かれてみたらいかがでしょうか?

    ふみさんガンバ!!

    • ふみさん より:

      ひろさんへ

      こんにちは!今日は天気がヨカですね~
      気持ちいいです

      もなかのさいちゅう様のサイトはワリと拝見させて頂いてます
      漢方等のアドバイスとか見てるとこういう精神科医の方が近所に、、、って思いますよね
      今夜あたりコメントでもしてみようかなぁ(汗
      実際、大詰めなのでここは自分を信じるか、、、って気持ちもあったり
      今はまたしても回復期と考えれば多少の不調(といっても冷えとプチ不安)くらいは耐えれるかなぁと

      現に、行動はかなりアクティブになってます
      仕事で外廻りも行きますし、その後の接待でもお酒を頂戴するようになりましたw
      (とは言っても10日に1回くらいですかねぇ)

      強烈な動悸やドーンと来る不安感が無いので
      冷え以外は良好です。離脱症状と自律神経系の症状が別だとすると
      減薬を続けながら自立神経失調症に良い事を率先してやって
      その回復を待ちながら、隔日飲みなどにして
      断薬という流れになりそうです

      全体的な体調としてはすごくいいんです^^;

      ベンゾの離脱症状は、こう、、、対処しようが無い症状が多いですよね
      自律神経系は冷えなら温めるとか、マッサージ等で一時的な回復をするものが多いです
      プチ不安の時に、ふくらはぎをゆっくり揉むと落ち着くんです
      ドーンとくる不安は、動悸も一緒なので呼吸法したり頓一直線ですから(汗

      気づけば11月は記憶に残るような発作もなく安定してる気がします

      ひろさんはいかがですか?大きな不調はお互い無いですか?
      最近はメンタルドーンが無いので乗りきれる前提で生活しててちょっとの不調でも
      買い物行ったり、気分転換したりしてます
      ノドの調子が悪いのが早く治ってくれると助かりますw

      あ、あと歯医者に行ったりしてますので、回復レベルとしてはかなり良いと思っています
      治療中に手足が冷えてきて焦ったりしますがw

      良い土日をお過ごしくださいね!お気遣い&応援いつもありがとうございます!!
      ひろさんも頑張ってくださいね!!

      管理人:ふみ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です