パニック発作

根本的ストレス

パニック障害(パニック症)の原因がストレスと言う人が大多数と占める中
誰にも起こりうる一時的な脳の障害と言う人もいる

どちらも正解だと思うわけですよ

じゃぁストレスって何ですか?

イライラとか不快感とか
そういうのって思ってませんか?

ストレスも必要な作用の1つですよ?

[colored_bg color=”light‐green” corner=”r”]

ストレスとは、生物学的には何らかの刺激によって生体に生じた歪みの状態を意味している。元々は材料力学上の言葉で例えばスプリングを引き伸ばしたり、ゴム球を押し縮めたりした時にその物質の内部に生じた応力の事を言う。

Wikipediaより

[/colored_bg]

世の中ではストレス=悪いものみたいになってますが
そうでなくってストレス作用の中の相対的なものが欠落する事で
ストレス障害になり

様々な病気につながるという事なのです

伸びたら縮む
縮めないと次は伸びないんですよ

呼吸も吸うばっかりなんて出来ないでしょ?

+-ゼロでバランスを取る
いわゆる自律神経とかがそれにあたりますね

嫌な事があったら良い事を見つける
泣いたら笑う キツかったら休憩する

そんな簡単な事も忘れるのが現代人なのですよ

117/79 bp79

ストレス発散が酒の場合

では、ストレスが原因な人は何がストレスなのか?
会社の上司からの説教、休みが無い、嫌な同僚からのイジメ

色々あると思いますが、じゃぁその人を責めれますか?

答えはNOです

上司からの説教というストレス(ー)は、
そこから開放された瞬間に(+)要素を持ちます。

やっと終わった~ という開放感です。
さらに受け止め方さへ良ければ前向きなポジティブシンクさへ生まれます

次に休みが無い
休日というのは無いかもしれませんが、休む時間が無いっていうのは
誰が作ったのでしょうね
会社であれば会社を辞めるなり変わるなりすればいいし
それに理由をつけて”休めない”って言ってる人は単なる言い訳ですよ。

現に私はパニック障害を引き起こしてから会社はキッパリ辞めました
タバコも辞めて、女遊びも辞めましたね、、、後半ですが(笑
仕事中のサボって酒飲んだり直帰と言ってキャバクラとかしょっちゅうでしたからね。

嫌な同僚からのイジメ
これはツラいし楽しくないですね
職場全てがストレス(ー)環境ってなっちゃいますよね
ってことは自分が変えないと一生そのままなのですよ
いいですか?体調が変わって病気になって医療費や時間が減るのと
問題を直視して解決させる事に努め、前進する事
どちらがいいですか?

つまりですねちょっと説明ヘタですけど

ストレスで体調を悪くしてるのって外的な要員もありますが
自分の考え方や行動によるものが殆どなんですよ

ストレスに弱い人の代名詞

飛行機苦手

ァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、
どうですか?
心当たりないですか?

乗り物酔い

食べ物好き嫌い多い

高いところが怖い

苦手意識の多い人程心身症のトリガーと言われています

じゃぁどうすれば?
肉体を鍛える事です
体力への自信はそのまま脳内の強化につながるはずです
スポーツ選手があのプレッシャーの中でパフォーマンスをするのには
そういう理由があるのです

その彼らが次に取り入れるトレージングは
精神トレーニングです
瞑想や呼吸やヨガ

はい簡単ですね健全な肉体と精神があれば
脳は簡単に健康体へと変化していきます

自転車に乗った時に理屈なんてありましたか?
右足を下に踏み込んで、、、そしたら左が、、、

ないでしょ?

身体が覚えて肉体が記憶し、コケたりケガしたりで
危険だという精神を学び安全に運転するという完成体が出来上がるんです

脳の大半の組織はその集合体じゃないですか?
掛け算九九なんて記憶をさせられたっていうけど
記憶をさせたのじゃなく
何度も同じ事を言わされたんですよ

つまり口と発声の運動です
それが脳に届く

離脱症状に運動やヨガ等適度な運動や活動が効果があるっていうのは
理に適ってる事なのですよ

キツいツラい、、わかるんですきっと自分にも来るんだろうなぁって
孔子の本でも音読しようかと思ってます

あ、音読は前頭葉にかなりいいですよ
是非お試しください

あ、酒の事何も書いてなかった(汗

酒やコーヒーが離脱やパニックに悪いって言ってますけど
飲んでも飲まなくても治らないんですよ
具合悪くなる可能性が高まるんですよね

具合が悪いってのは身体が反応している証拠

飲めないストレスより飲んで楽しくできればそっちがいい

発作が怖い?

そんなんじゃ一生治りませんよ
本末転倒です

あえて試練に挑む
これもまた闘病というスタイルです
脳は賢いですから

あぁ発作が起きたらいかんけん飲まないようにしよう、、、
って言ってもその罪悪感というか変な感覚で
結局ストレスなってますから
飲みたい時は毒も飲む(脱法なんとかはダメっすよw)

むしろ昔の薬効は毒を使って病気と戦わせたようですからね
薬は殺菌やデトックスするのではありません
それをするのはあなたの体そのもので、薬はキツい症状を緩和するだけです
時に薬は治療を遅らせてしまいます

抗癌剤げ毛髪が抜けるのはそれだけ激しい薬だってワケです
身体の細胞(ガン)の成長を抑えるわけですからね

ガンだって立派な身体の組織
でもそれを作ったのは不摂生や不健康な生活がほとんど

作るのも自分治すのも自分
薬や病気に罪はありません

自分と向きあいましょう
敵も味方も自分の中にいます

ただ1つだけ言えるのは敵も味方もあなた次第で
全てが味方になるのですよ

薬や環境で敵や味方のバランス崩れますが
それから早く脱却しましょう

断薬サバイバー7年生
ふみさん
8年服用後に回復の見込み無く 生活のトラブルが増えて疑問を感じ 断薬を決意 精神薬を飲まずに生きていける事を証明
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です